駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新釈 走れメロス 他四篇』 森見登美彦

2010/10/31/日/01:40
気付いてみれば、読み終わったのは十日以上前。年々、時の流れが加速していってる気がします。このまま時が加速を続け、宇宙が一巡とかしてしまうのではないか(笑)、な~んて、危惧を覚える今日この頃。皆さま、いかがお過ごしですか?

何となく、出だしに困ってFMラジオのDJ風に読書感想を始めてみました。特に意味はありません。

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る

古典的名作が原典でも相変わらずの森見・ザ・ワールド。好き嫌いがはっきりと分かれそうですね。僕は前者です。

この小説に収録されているのは次の五作。

「山月記」 中島敦
「藪の中」 芥川龍之介
「走れメロス」 太宰治
「桜の森の満開の下」坂口安吾
「百物語」 森鴎外

当然、原典の短編五編には何のつながりもありませんが、新釈の方は話をリンクさせていて、そこがプラス要素になっていると思いました。

ご本人が「あとがき」で書いていますが、これをきっかけにして原作の読者が増えりゃいいと僕も思います。とか言いつつ、原典の方を全部読んでいる訳じゃありませんが。

個人的には『新釈 山月記 他四篇』の方がキャッチーなタイトルです。

短編ひとつひとつについて書いていったら思ったよりも長くなりました。なので、興味を覚えた人はこの先を読むより小説でも読んだ方がよろしいかと。

『異邦人』 カミュ 窪田啓作 訳

2010/09/25/土/20:19
前々から気になっていた『異邦人』を読みました。僕がこの小説を読んでみようと思ったのは、端的に言って「太陽のせい」です。秋の空に輝く太陽が大地にのしかかってきたのです。そして、急速に暑さを増したのです。それはママンを埋葬した日と同じ太陽でした。

はい、途中から何を言っているのかさっぱり分かりません。その上、今日は寒いです。実際はこちらの記事を読んで非常に読みたくなったからでした。

異邦人 (新潮文庫)異邦人 (新潮文庫)
(1954/09)
カミュ

商品詳細を見る

僕はこの小説を二回読みました。そして、二回目は主人公のムルソーを敢えて普通の青年として読んでみました。

確かにムルソーはおかしな男です。彼は母の葬式の日に養老院で「すぐにママンに会いたいと思った」と言っているのに、母の顔を見るかと聞かれると「見ない」と答えます。そして、「なぜ」と問われると「理由はありません」と答える。

これでは背表紙で「通常の論理的な一貫性が失われている男」と評されるのもしょうがないと思います。が、この場面にムルソーの心理描写はありませんし、彼がどんな顔をしていたとかも書かれていません。なので別の解釈も出来ると思う訳です。僕は彼は彼なりに母の死を悼んでいたのではないかと思いました。まあ、他人から見て母の死を悼んでいるように見えなかったせいで彼はあんな事になる訳ですが。

さて、例の有名なセリフ、「太陽のせい」ですが、もしもムルソーがその意味をもっと正確に語る事が出来れば、裁判でまた違った目も出ていたかもしれないと思いました。僕はムルソーが持っていた拳銃は弾丸が五発入りの小型リボルバーだと勝手に思っています。レエモンの尻ポケットに入る大きさですし。

僕にとってこの小説で一番の不条理は第二章に出てきた検事に集約されます。彼がムルソーに刑を求刑した時の演説には戦慄しました。ただ、検事がムルソーを憎悪と共に弾劾した事について僕はとやかく言えるとも思えません。ムルソーという人間を一歩離れて眺めた場合、彼と似たような印象を受けるでしょう。

そして、最後の判決後の場面は死への恐怖におののく青年の姿を見ました。そこで目を引いたのは最後まで宗教に頼らないムルソーの精神です。

上記は再読時の感想です。初読の時はまた別の印象を持ちました。連続で二回も読んだ小説は久しぶりです。

「カミュ……、おそろしい子!」

それにしても、アラブ人を殺す事よりも母の葬式で涙を見せない事の方が重罪のようで。おっかない世の中ですね。

『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』 ナンシー関

2010/03/22/月/01:33
ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)
(2003/03)
ナンシー関

商品詳細を見る


(カバーより引用)
「記憶スケッチ」とは、提示されたお題を記憶のみに頼って描くこと。「カエル」「パンダ」「鉄腕アトム」「ランドセル」など、お題は一見簡単に描けそうなものばかり。ところが全国から寄せられた大量のサンプルが、「人間の記憶」のあやふやさを暴き出してしまう。「何でこんなになっちゃうワケ」と笑っているあなた。「カマキリ」を何も見ずに描けますか…? 一度読み始めたら止まらない、抱腹絶倒の「症例」の数々。「天才」ナンシー関の最高傑作!


まあ、mixiのアプリとかにもなっているから、今さら引用する必要もないぐらい「記憶スケッチ」は有名かもしれませんが一応。
普通に記憶スケッチを検索サイトで検索すると、それを書いたページがたくさん出てきますし、かなり知名度があるんじゃないかと思います。

そんな状況で何故今さらこの本をすすめているのかというと、絵を見ているだけでも中々面白いのですが、この本のナンシー関さんのコメントが秀逸だからです。ツボに入った場合、思わずニヤニヤしてしまう事はコーラを飲んだらゲップが出るのと同じぐらい間違いないので、外で読むことはおすすめしません。

こういう話はグダグダと僕が説明するより見たほうが早いので、こちら↓にリンクを貼っておきます。

NANCY SEKI's FACTORY『ボン研究所』

このサイトの『記憶スケッチアカデミー』のページに、この本に収録されているものが何点か掲載されています。
(文庫本の1巻に無いものも掲載されています)

ここを見て面白いと感じた方は楽しめると思うので、本も買ってみてはいかがでしょうか。

読んでたら無性にやってみたくなったので描いてみました。

記憶スケッチその1

« NEW  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。