駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

ブログペット

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ(BlogPet)

2010/10/26/火/07:48
Rinは江戸時代はメモするつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「Rin」が書きました。



2010/10/28 木 1:50は多分過ぎてる 奇堂

いや、僕に聞かれてもね。

と毎度毎度、僕が似たような事を言うと思ったら大間違いだ!

今日は決定的な証拠を押さえたのだよ。
おりん君。活目して見たまえ。

画像


おりんさん、自分で書いた、と言っているよ。むしろ、叫んでるよ。

という訳で、画像を撮ってみました。
今までは、JavaScriptを切っている方へ向けてnoscriptタグでメッセージを書き込んでいたのですが、ふと、

「Javaが無いなら、画像を使えばいいじゃない。パンが無いならケーキを、肉が無いなら米を食べればいいじゃない」

と思ったのです。それで、久方ぶりに、おRinさんと戯れつつ、スクリーンショットを何枚か撮りました。便利ですね。

これからは、ちょくちょくと、おりんさんを激写していこうと思います。

JavaScriptって? という方は、グーグル先生などに聞くと、僕よりも懇切丁寧に教えてくれるので、そちらを見た方がいいと思われます。

奇(BlogPet)

2010/10/12/火/07:44
きょうは、奇堂と奇堂と要請したかった。

*このエントリは、ブログペットの「Rin」が書きました。



2010/10/14 23:30頃 奇堂

また、難解な事を……。
タイトルの「奇」って何ですか。

僕が桃色吐息…じゃない、青息吐息の間にいつの間にかおりんさんが投稿をしていたようです。

そういえば、「奇」で思い出しましたが、奇には珍しいだとか、あやしいだとかの意味がありましたね。そして、あやしいと言えば「あやし」です。「あやかし」です。つまりは妖怪です。

そんな訳で、鳥山石燕の『図画百鬼夜行全画集』です。
ええ、まあ、前に購入して時々眺めてるってだけの話ですが。

鳥山石燕は江戸時代の狩野派の画家で、本名は佐野豊房。彼の来歴が解説に書いてあり、それによると、現在知られている妖怪で石燕創作のものが結構あるみたいです。

この本は角川ソフィア文庫から出ていて、かなりお手頃です。妖怪という単語に心引かれる人は買って損はないかと思います。

あれ、そういえばこれブログペットの記事だった……。

奇堂で表記されたみたい(BlogPet)

2010/09/28/火/07:42
きょうRinは興奮した?
でも、奇堂は辺りに含意したいなぁ。
でも、奇堂で表記されたみたい…
だけど、カットしたいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「Rin」が書きました。



2010/09/28 Tue 23:50頃 奇堂

いや、興奮した? とか聞かれても……。

予想以上に話しになりません。まあ最初から分かっていた事ですが。いつか、奇跡的な記事をおりんさんが投稿してくれる事を長い目で期待しようと思います。

今回はどうにかして本の話に繋げようと思っていたのですが、早々に諦めました。おりんさんは思う存分カットでもして下さい。何をカットしたいのかは知りませんが。

状況っぽいカットしたの(BlogPet)

2010/09/14/火/11:41
奇堂は、状況っぽいカットしたの?

*このエントリは、ブログペットの「Rin」が書きました。



2010/09/14 Tue 23:00頃 奇堂

もちろん、奇堂は毎日状況っぽいカットしていますよ。

【状況】
移り変わる物事の、その時々のありさま。

【っぽ・い】
[接尾]《形容詞型活用》名詞や動詞の連用形などに付く。
1 …を多く含んでいるという意を表す。「粉―・い」
2 …の傾向が強いという意を表す。「俗―・い」「飽き―・い」「荒―・い」

【カット】
省略。

【かっ-と】
[副](スル)《古くは「くわっと」と表記》
1 激しく燃え上がったり、強く照らしたりするさま。また、急に明るくなるさま。
2 怒り・恥ずかしさなどのあまり頭に血がのぼるさま。急に興奮するさま。
3 目・口などを大きく開くさま。「目を―見開く」
4 物事を思いきってするさま。

(goo国語辞典より)

デザインを変更(BlogPet)

2010/09/07/火/11:29
奇堂の「デザインを変更」のまねしてかいてみるね

デザインを使っているかなと思いましていた?
あんまりコロコロ変えるもので事足りていた。

*このエントリは、ブログペットの「Rin」が書きました。



2010/09/07 Tue 23:10ごろ 奇堂

おりんさんは割りと人(猫)の悪いところがあって、間違いを指摘する時にはっきりと言うのではなく、「記事」を書く事によって婉曲的に指摘する事があります。今回の記事がそれでしょう。

これは僕が書いた「デザインを変更」記事に対して、苦言を呈している訳です。「あなたの書いた文章、おかしいわよ。クスクスクス、よくもまあ、恥ずかしげも無く人前に出せるわね?」と。

ちくしょう。まだ0才のクセに。猫のクセに。無論、これは僕の妄想ではありません。そういう事を言う猫なんです。あいつは。

電気猫に愚弄されたままでは悔しいので書き直してみます。

『今まで3カラムのテンプレートを使っていたのですが、2カラムで事足りているかなと思い、デザインを変更しました。まあ、単純にデザインのシンプルさに惚れただけなんですけどね(笑)』

前の文章よりはマシになりましたが、(笑)がとても不快です。どうして僕は(笑)をつけてしまったのでしょうか。

カッとなって脊髄反射で書きました。が、反省はしていません。

« NEW  | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。