駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文とか大嫌いに御座った

2012/07/26/木/23:40
大昔の話だが、俺は「読書感想文」という奴が大嫌いだった。というよりは「作文」それ自体が嫌いだった。昔はその理由を考えてみる事もなかったので改めて考えてみた。

まず、その理由の大部分を占めているのは、思考や感情を文章化すると自分の言いたかった事の半分も言葉に出来ず、行動や風景の描写も満足に出来ない、という技術的な問題に思える。が、実は違う。

それは、反骨精神ゆえだ。その昔、さる(日本では)高名な軍師に初めて会った時に「お前には反骨の相がある」と言われ毛嫌いされたぐらい俺は反復精神に富んでいる。俺から反駁を取ったら残るのは反省だけというぐらい反逆野郎なのだ。途中から反骨じゃなくなっているがそんなものは知った事か。

なので、作文の授業のたびに

「何ゆえ、小生の赤裸々な感情を貴様に伝えねばならんのだ。断固拒否する。この感動を貴様と共有する気は更々ない」

と教師に対して思っていた。――事にしました。

さて、読書感想文の話。そもそも小学校の授業でまともに読書感想文の書き方を教えないくせに(俺の担任の教師は一切書き方なんぞ教えなかった)、いきなり「本を読んで感想を書け」とか言われても土台無理な話だ。

そりゃ、本好きでよく読んでいるっていう奇特な少年・少女には何程の事もなかろうが。楽しいものが溢れ返っているのにわざわざ活字の本を選ぶ子供の方が圧倒的に数が少ないだろう。

俺は小学校時代に活字の本を読む事は稀で、読む物と言えば大概漫画だった。だからこそ、逆に子供の時に読んだ活字の本はよく覚えている訳だが。おそらく、小学生の高学年で読んだ全ての本のタイトルを言う事ができるだろう。全く自慢にもならない事だけど。

クラスに一人か二人は居る、作文上手な子が2枚目の作文用紙を貰いに行っているのを尻目に「こっちはまだ2行目だっつーの!」と四苦八苦していた思い出が甦る。

自分の事を思い出すに、文章作成の方法をまともに教わったのは予備校の小論文の授業ぐらいしか記憶にない。このブログには全く反映されていないが。未だに文章の読解を主軸に据えた授業しかやっていない事に疑問を覚える。

何て事をグダグダ書いてきた訳だが、自分は今こんなブログを書いている訳で。

俺は人から教わりたくない事が二つばかりあって、一つは絵で後の一つは文章だったりする。誤解があるといけないから書いておくが、広義の意味では人から教わるのもいい、というか教わりたいが、どこぞの先生の下で直接指導を受けたりはしたくないという事だ。

明らかに、いい教師の下で学んだ方が上達するのは分かるのだが、その人物の思想的な事まで受け継ぎそうで嫌なのだ。ここら辺のエゴが強すぎて自己啓発本の類いを読んでいるとイライラしてしまうのだが。

大幅に脱線したが、別に学校で文章の書き方なんぞ教わらなくてよかったと今は思ってるって事が言いたかった。当然、ビジネス文章の書き方とかは別で散文の話。

要は思ったように書けないから嫌いだったのだと思う。下手くそでも自分の思った通りに書けりゃ楽しくなってくる。文章を書こうと思ったきっかけは忘れてしまったが、本をバカみたいに読むようになってからだ。まあ、満足のいく文章なんて書けたためしがないけれども。

ただ、いま読書感想文の宿題が出たら嬉々としてやるだろうな。昔とは違って。

OLD »

コメント

2012.07.27.Fri

筋金入り文学少女であった私ですが。感想文も作文も嫌いで御座った(→パクリ?)

確かに習いませんね文章の書き方。教師らがまともな文章が書けるような気もしませんが。
分野を問わず、先生のコピーになっちゃう門下生というのは多いですよね。
私は書道を長年習いましたが先生の字が好きでなく(おいおい!)、
あくまで頑なに自己流を貫いておりました(習う意味がない)。

寄堂さまのコチラの記事を読んで、またグルグルが同時多発いたしました。
一度に書くとエライことになるので小分けにして記事にしたいと思ってます。

まずは、作文、感想文が嫌いだった理由・・・かな。
これは私の文章の書き方がオカシイからなんですけど。
しかもそれを現在にも引きずっているので。対決(!)しがいのある課題です。

読んでいると、自然と書きたくなるものなのかもしれませんね。
私にとって良き文章とは「ぐるぐる」を引き起こすものだったりするのです。
そっか。読者を書きたい気持ちにさせる文章が最強、ってことですね!(違う?)
2012.07.28.Sat

彩月さんへ

彩月さんが感想文と作文が嫌いに御座ったというのは結構意外です。
ですが、書くのは速かったのじゃないかと勝手に思ってます。
きっと、クラスに一人か二人は居る、作文を書くのが速い生徒だったんじゃないかと。
それと好き嫌いは当然別ですが。

書道の先生の字があまり好きじゃなかった……。
しかも、長年習ってたって。
すいません。かなり笑いました。
何かこういうのがやけにツボに入ります。

僕は自分の字がいっこうに好きになれません。
書道は僕も小学生の頃習っていたんですけどね。
そもそも筆に対してボールペンや鉛筆の書き味が違いすぎると思うんですよ。

グルグルが同時多発してしまいましたか。
いや~それは楽しみです。(勝手な言い草)

まあ、この記事書いたのは彩月さんの記事で僕が「グルグル」したからなのですが。

読んでいると自然に何事かを書きたくなる文章はあっしも好きですぜ。
ええ、読者を書きたい気持ちにさせる文章は最狂だと思います。
(一発変換で何故この字が出るのだろうか)
2012.08.01.Wed

読書感想文の季節ですね。
奇堂さんが書けなかったとは、本当にびっくり。

>クラスに一人か二人は居る、作文上手な子が2枚目の作文用紙を貰いに行っているのを尻目に「こっちはまだ2行目だっつーの!」と四苦八苦していた思い出が甦る。

こんな庶民的な気持ちを抱いていたとは!

私も大嫌いでしたが、適当にマス目を埋める術だけは持っている可愛げのない子どもでした。
そもそも本を読まずに、巻末のあらすじから想像して書いていたなぁ。
あらすじと解説が充実している本を選ぶことに、心血を注いだ記憶だけはあります。

しかし息子たちは生真面目に読む。
読んでいるのに、2行しか書けない。
少年たちの不器用さには、頭を抱えております。

その姿につい面倒くさくなって、
「適当でいいから、とりあえず埋めときー」と言ってしまう私^^
2012.08.03.Fri

ごろちゃんさんへ

これ以上ないくらい庶民的であり、庶民の中の庶民と言っても過言ではないワタクシは、未だに四苦八苦しております。

かれこれ、2ヶ月ぐらいトーベ・ヤンソンの『誠実な詐欺師』の感想を書こうとしていまだ果たせていません。すいません。嘘を言いました。書いたのですが、あまりにも季節感が合わな過ぎてどうしようかと思っているところです。

ごろちゃんさんは作文書けるのに嫌いだったのですか。そういう人は思ったより多いのでしょうか。取り敢えず、来月までに過去に行く方法を探すので、その技術を過去の僕に下さい。

というか、ごろちゃんさんの↓この記事の内容を教えておきます。

読書感想文の簡単な書き方(逃げ方!)
http://bookbuubuu.blog92.fc2.com/blog-entry-215.html

この記事を読んだ時、小学校の教師が作文を書かせる前に教えておくのはこういうのじゃないのかと小一時間問い詰めたくなりましたね。当時の担任を。

うーん、好き嫌いは別として、こういったブログやっていて作文が書けなかったのは、もしかして俺だけですか?

しかし、ごろちゃんさんのご子息たちは奇堂派閥(嫌な響)のようで。少年は不器用に出来ているんです。いまだに頭がお花畑……少年の僕が言うのだから間違いありません。

いや、おそらく反骨精神があり過ぎて赤裸々な気持ちを教師と共有したくないのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kidoum.blog118.fc2.com/tb.php/69-c958a89c

大昔の話だが、俺は「読書感想文」という奴が大嫌いだった。というよりは「作文」それ自体が嫌いだった。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。