駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『それでも町は廻っている』 石黒正数

2012/07/04/水/00:00
まず、この書物を語る前に現代日本に蔓延する病巣に鋭いメスを入れなければなりません。

今の時代、「推理小説」と呼ばれるものが巷に溢れています。物心つく前から身近に「推理小説」があり、その事に何の疑問も持たずに成長して大人になった人が大半でしょう。

そして、その事こそが今や誰もが無視する事の出来ない恐ろしい病の巣窟となっているのです。

そう、つまり、恐怖の現代病「探偵脳」です。

「探偵脳」とは、石黒正数氏が世界で初めて提唱した、ある症状を持つ人物の事を指す言葉、又は症状そのものの事です。
「推理小説を好んで読み漁っている人に見られる症状。小説を楽しむばかりでは飽き足らず、自分も探偵のように謎を解いてみたいという衝動に駆られ、常に謎を求めるようになる状態。」
(それでも町は廻っている第1巻より)

石黒氏は「探偵脳」の症状の重さにより、

・初期症状(脳内助手の誕生)」
・第二期症状(謎の追及)」
・末期症状(謎の渇望)」

と、分類されています。末期症状では命を落とす危険すらある、重篤な状態と言えるでしょう。

そして、この本は末期的な「探偵脳」に侵された一人の少女を通じ、我々現代日本人に警鐘を鳴らす事を目的とした崇高なる読み物です。

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/01/27)
石黒 正数

商品詳細を見る

えー、嘘です。

知らない人が見たら完全に誤解しそうなので断っておきますが、上記は本編とは一切……あまり関係がありません。

そして、残念なお知らせが。漫画の内容に触れる事無くこの記事はこのまま終了します。

理由はまだ完結してないからです。終わってない話の感想ってあまり書きたくないもので。じゃあ、何故終わってから取り上げないのか? 最もな疑問ですが、そんなもの待ってたらいつまで経っても書けないじゃないですか。アニメ放映中に記事を書かなかっただけ良心的ってもんです。

ただ、一つ言える事は、僕はこの漫画を全巻持っており、新刊が出たら買うだろうという事です。ついでに言うと、これ以降、漫画を当ブログで取り上げる事はおそらくないでしょう。

このブログ、小説の事を書こうと思って始めたので。最初は。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kidoum.blog118.fc2.com/tb.php/64-8039437d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。