駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『語りかける中学数学』 高橋一雄

2010/03/12/金/21:56
語りかける中学数学語りかける中学数学
(2005/08)
高橋 一雄

商品詳細を見る

「国語なんざ勉強しなくても出来らあ。でも、数学だけはカンベンなっ!」
という文系の人は結構多いかと思います。
その中でも、つい、うっかりと微分・積分やフーリエ変換を使う職場を選んでしまった人もまた多いと思います。

そんな特攻野郎人におすすめの本です。

はい、すいません。
現役の中学生や数学の復習をしたい高校生、
勉強をやり直したい社会人などにおすすめです。
そして、数学が苦手な全ての人におすすめです。

僕は学生時代に数学が大の苦手で、数字を見るのもイヤなぐらいなのですが、最近になって頭の中の悪魔が、
「これは試練だ。過去に打ち勝てという試練だ。人の成長は未熟な過去に…」
とかなんとかしつこく語りかけてきたので、仕方なく数学をやってみる事にしました。

取りあえず、基礎がなってないので中学生レベルからやり直したほうがいいと思い、色々と参考書を探していたら、この本を見つけました。

さっそく、購入して読んでみると、

「貧弱な坊やだった僕にも彼女ができ、何と身長は5センチ伸びて、おまけに宝くじまで当た…」
「何で、学生時代にこんな簡単なのが解らなかったんだろう」

と思う程、解りやすい内容でした。今では数学の問題なんてHBの鉛筆をベキッとへし折るぐらい簡単に思えます。
(中学生レベルは)

この本はタイトルにある通り、筆者が読者に『語りかける』というスタイルの為、全編、口語体で書かれています。
口語体の参考書って珍しいんじゃないでしょうか?
少なくとも、僕はこれ以外で見たことがありません。

話し口調に近いので、他の参考書と比べて抜群に読み易すいと思います。
文章を読んでいるというよりは、講義を受けているような気分になりました。

例題の解説が実に丁寧で、並通の参考書なら飛ばすような途中式も詳細に書いてあるので、答えまでの過程がよく解ります。
これ1冊で中学3年分を網羅しているのもいいですね。
その代わり、700ページ以上あるので、ミステリなら凶器として出てきそうな大きさですが。

高校数学の数1バージョンも出てるので、気に入った方はそちらも読んでみてはいかがでしょうか。

遠い昔を思い返してみると、参考書のたぐいは無機質な文章に、
重要ポイントで、タダシ君やカシコちゃん、獄門島先生などのユルいキャラでアクセントを付け、例題になると『次の説問に答えよ』と急に命令するといった物が多かったと記憶しています。

参考書だし、無機質なのは別に構わないのですが、それまで丁寧語で解説してたのに、唐突に命令形になったのが解せませんでした。
著しくやる気が減退した事を覚えています。
(こんな事でサボっていたから数学の成績がアレな感じになったのかもしれませんが)

僕の現役時代に、この『語りかける中学数学』があれば、今と違って、女の子にモテモテで身長も5センチほど高く、宝くじにも当たっていたことでしょう。
残念でなりません。

コメント

2010.09.15.Wed

はじめまして

はじめましてなのに過去記事ですみません。

「語りかける中学数学」おもしろそうですね。
理系の人が書いたものはどうも読みにくい、と自分の能力を棚上げにして文句ばっかりいっている私ですが、これは本当におもしろそう。
そして奇堂さんの記事、とてもおもしろいです。

いまさらながら、中高の数学をやり直してみたく…なったり、ならなかったり^^;
2010.09.15.Wed

Re: はじめまして >読書系女子さん

コメントありがとうございます。
今更ながら、管理ページでコメントに返信機能がある事に気付いた阿呆こと奇堂です。

> はじめましてなのに過去記事ですみません。

いえいえ、読んで頂けた上にコメントまで頂いてこちらこそすみません。

> 「語りかける中学数学」おもしろそうですね。
> 理系の人が書いたものはどうも読みにくい、と自分の能力を棚上げにして文句ばっかりいっている私ですが、これは本当におもしろそう。

数学ダメ人間の僕でも理解できたので、内容の分かり易さは折り紙つきだと思いますよ。

> そして奇堂さんの記事、とてもおもしろいです。

ありがとうございます。その昔、友人と喋りながら歩いていて思いっきり電柱に側頭部を強打した時に言われた「ハハハ! お前っておもしろいな」とは天と地ほどの差がある嬉しい言葉です。
2010.10.14.Thu

読みました~

この参考書、買っちゃいました!
ネットで注文していたのですが、届いて大きさ厚さにびっくり@@
風の強い日のドアストッパーによさそう、なんて^^;

接弦定理とか中点連結定理とか、ホントなつかしぃ~。
当時難しく感じたことも、今となっては簡単に思えるから不思議です。

いい本をご紹介いただきありがとうございました。
宝くじを当てたような気分ですi-184
2010.10.14.Thu

Re: 読みました~ >読書系女子さん

おお! 買ったんですか!
本当に分厚いですよね。まさしくドアストッパーにもってこい――って、無理です。「ノリ突っ込み」は僕には無謀すぎました。なので、ここからは『分厚い本の使い方100選』か『美味しいカレーの作り方』をお届け……すいませんでした。

やはり、三年分の重みという事でしょうね。
(上手くまとめたつもりか? と自分で突っ込みたくなった事は内緒です)

接弦定理は読んだ時に思い出したのですが、中点連結定理の方は名称が完全に記憶から消えていました。もくじを見た時に「何だっけ? これ」って思ったのを覚えています。

> いい本をご紹介いただきありがとうございました。
> 宝くじを当てたような気分ですi-184
いえ、これを読むとホントに宝くじが当たり、背も5……
そう言って頂けると有り難いです。読書系女子さんの何がしかのプラスになれば幸いです。
2010.10.21.Thu

感謝!

突然、すみません。読書系女子様のブログから参りました。ご感想を読ませていただき、書き手としてコレほどうれしいことはございません。ありがとうございます!当初から、数学が苦手な大人の方に読んでいただきたく書かせていただいた本ゆえ、書き手としてコレほどうれしいことはございません。今回はこの本を手にとって頂き感謝しております。これからも、読者と共に数学の面白さ、難しさを共感しつつ一緒に勉強できるような本を書いていきたいと思います。それゆえ、今回のコメントはとても励みになります。ありがとうございます! では、今後ともご支援の程よろしくお願い致します。お礼が遅くなり大変失礼いたしました!ゴメンナサイ。かずお
2010.10.22.Fri

Re: 感謝! >kazuさんへ

ふおっ!?
まさか、著者ご本人からコメントを頂けるとは思っていませんでした。
思わず口から「ふおっ!?」も飛びだしてしまおうものです。あまつさえ、それをそのまま書きこんでしまうのもいた仕方ありません。

お忙しい中、わざわざコメントを頂き、ありがとうございます。
上に書いた通り、この参考書は実に良書だと思い、勝手にこの記事を書きました。なので、お礼を言われると、何だか面映ゆい思いがします。

そういえば、記事で書き忘れていましたが、コラムも楽しく拝見しました。
これからも、一読者として陰ながら応援しております。
2011.01.03.Mon

数Ⅰも買ったのです・・・

あけおめ~☆

数Ⅰも買っちゃいました。
今年の目標は数Ⅰを習得することにしました。(しかし、判別式って何だったかしら?と初っ端から高校数学の壁に激突しております^^;)
2011.01.03.Mon

Re: 数Ⅰも買ったのです・・・

明けましておめでとうございます。
「メリクリ」から「あけおめ」までが早過ぎて目が回りそうな奇堂です。

ついに、数Iにも手を出してしまいましたか。
実を言うと僕の方は、まだ目次と気になる所だけしか読んでいなかったりします。

えーと、時間がなかなか取れなくて……。
と、定番の言い訳みたいですが、真実も含まれていますよ。モチロン。

という訳で、数Iの習得を頑張って下さい。
僕も目標だけは掲げておきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kidoum.blog118.fc2.com/tb.php/5-bdad824b

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。