駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ引越し

2010/11/22/月/02:49
今日の朝、目が覚めて時計を見ると、午前10時を少し回っていて、
「うわっ! Die遅刻じゃねぇか!」
と、大慌てで飛び起きました。

背中の毛穴が全て開き、嫌な汗がブワッと吹き出してきて、
急いで携帯を開けて着信を確認。

その瞬間、目に土曜の文字が飛び込んできて、
「ああ、今日休みだよ……」
と、苦笑しながら二度寝しました。

意識がブラックアウトすると同時に、
今度は本当に目が覚めました。

はい、これは僕が今朝(0時をとっくに回ってるから昨日の朝)見た夢の話です。
何ですか、この夢。起きた時にかなり混乱したじゃないですか。

「あれ? 今日、土…日曜? ってか夢? え、何? 何時?
 ――というか、ここはどこだ? そして、俺は誰なんだ? 何も思い出せない……。うう、兄さん、頭が痛いよ」

みたいな感じで。

何故か途中から記憶喪失の定番と霧原直也が紛れ込んでいますが、これぐらいは混乱しました。

さて、朝っぱらから間抜けぶりを露呈したりしていましたが、新居に持って行く本の梱包が全て終了し、引越し作業も大体終わりが見えてきました。

と、思いきや、

画像


入れ忘れた……。

画像が荒くてタイトルが見えませんね。これだけで全てわかったら凄い。

何が間抜けかって、この写真を撮る為に、わざわざ本棚にあれこれと並べて写真を撮っているのが一番間抜けです。しかも、バッグに入れっぱなしの読みかけも引っ張り出したりして。

こんな事をすると、明日は読みかけの本を家に忘れて出掛ける、という事態が想定されますが、僕はそのような愚か者ではないので、今の内にバッグにしまうという素晴らしい案を検討中です。(うるさい! いいから入れろよ。と、思った方は全てにおいて正しい)

それにしても、最近の僕は初心を忘れている事に気づきました。このブログは自分の好きな小説の事を書く為に始めたのに、そっちを全然書いていません。

なので、ちと初心に返り、雑記をしばらく封印してそっちを書きます。……引越しが終わったら。

しかし、アレですね。前にも書いたような気がしますが、変な時間に寝ると本当に眠れません。ちくしょう、睡魔のヤツめ。

コメント

2010.11.22.Mon

よーし、その挑戦受けて立つ!

と、闘志満々で写真とにらめっこをした彩月でございます。
絶対、全て判読してみせる!アタシ、視力は滅法いいし、
勘だっていいのだよ~。任せろ!

し、しかし。この画像、本気で荒いぞ。
まず。瞬時に判読できたのが「時の娘」ジョセフィン・ティ。
ま、これは私がその本を知っているからでしょう。

その後は苦戦。えー時の娘の上の三冊はハヤカワJAだ、と。
左の山のオレンジ2冊は講談社文庫だ、と。
ちくま文庫が1冊見えるな、と。
えー、右の一番下は新潮、その上は文春。

文庫名しか、わからん。これは見えるというより、デザインで判断。
じーっ。じーっ。と音がするほど睨んだ末、「あ、見えた!」
「ジェニィ」ポール・ギャリコの名作じゃないですか!

あとは、ハヤカワJAは、田中さんですね。田中・・・田中芳樹?
いや、違うだろ・・・。他に、田中、田中・・・。思いつかん。
これ明らかにシリーズものだよなぁ。

黒い本も、よう、わからん。モヒート? 8ビート?違うよね。
著者名に仮名が混じってるのはわかるが。
なぜか「輝くもの」と見えちゃう。そんなワケ、ねーだろ。
と、だんだん、心中の言葉遣いも乱れてくるワタクシ。

で、講談社文庫の背表紙オレンジって、誰だっけか?
私が思い浮かぶのは栗本薫だが。違うな。つーか。
オレンジも濃いのと薄いのあるんだよな~。これ、濃いほうか?
となると、宮部みゆきか大沢在昌か、東野圭吾?ダメだ。

この辺で、視力に頼ることの限界を感じ、推理を働かす方向へ変換。
確か、奇堂さん最近、本をまとめ買いされてたから。
それらの本である可能性が高いよね~と。過去記事へGO!

で、わかりました。黒いのは「リピート」乾くるみ。
ハヤカワJAは田中哲弥だっ!で下から「大久保町の決闘」「大久保町は燃えているか」「さらば愛しき大久保町」これでどうだ!
(実はこの著者さん知らないので、amazonでチェックしました)

おー。右は解けたぞい!てか、あってる?
左の山は、見えなさ過ぎだよ~。あ、でも、もうしばらく考える。
・・・ので、解答は、まだ伏せててね!
とりあえず、迷探偵彩月の推理の途中経過なぞ、ご報告!

なかなか、楽しいですぞ、この問題を解くの~♪
2010.11.23.Tue

ありゃ? あっさりと

彩月さん、大正解です!
右の山はその通り。

流石は西のクイズ鬼(勝手に命名)こと迷探偵彩月さん。
略して、鬼迷彩!(失礼)
って、「大久保町」の順番まで当てられるとは思わなんだ。

しかし、左は……。
僕も視力はいい方ですが、さっぱり読めません。
って訳で、リクエスト通り解答は伏せておきます。

ちなみに、上の2冊と一番下の1冊は
ブログ、その他で全く触れていなかったりします。
それと、一番下のは小説ですが文庫ではありません。

果たしてノーヒントで分かるのでしょうか。
そして、正解したら、何か特典を付けた方がいいのでしょうか。
僕がやりかけの物を晒すとか(明らかに特典ではない)

それにしても、「輝くもの」って……。
「く」しか合ってねぇー! と突っ込みを入れたくなりましたが、
そんな作者名の小説があったら、思わず作者買いしそうです。

では、サラバだ!明智く…彩月くん。また会おう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kidoum.blog118.fc2.com/tb.php/46-726b9456

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。