駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』 ナンシー関

2010/03/22/月/01:33
ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)
(2003/03)
ナンシー関

商品詳細を見る


(カバーより引用)
「記憶スケッチ」とは、提示されたお題を記憶のみに頼って描くこと。「カエル」「パンダ」「鉄腕アトム」「ランドセル」など、お題は一見簡単に描けそうなものばかり。ところが全国から寄せられた大量のサンプルが、「人間の記憶」のあやふやさを暴き出してしまう。「何でこんなになっちゃうワケ」と笑っているあなた。「カマキリ」を何も見ずに描けますか…? 一度読み始めたら止まらない、抱腹絶倒の「症例」の数々。「天才」ナンシー関の最高傑作!


まあ、mixiのアプリとかにもなっているから、今さら引用する必要もないぐらい「記憶スケッチ」は有名かもしれませんが一応。
普通に記憶スケッチを検索サイトで検索すると、それを書いたページがたくさん出てきますし、かなり知名度があるんじゃないかと思います。

そんな状況で何故今さらこの本をすすめているのかというと、絵を見ているだけでも中々面白いのですが、この本のナンシー関さんのコメントが秀逸だからです。ツボに入った場合、思わずニヤニヤしてしまう事はコーラを飲んだらゲップが出るのと同じぐらい間違いないので、外で読むことはおすすめしません。

こういう話はグダグダと僕が説明するより見たほうが早いので、こちら↓にリンクを貼っておきます。

NANCY SEKI's FACTORY『ボン研究所』

このサイトの『記憶スケッチアカデミー』のページに、この本に収録されているものが何点か掲載されています。
(文庫本の1巻に無いものも掲載されています)

ここを見て面白いと感じた方は楽しめると思うので、本も買ってみてはいかがでしょうか。

読んでたら無性にやってみたくなったので描いてみました。

記憶スケッチその1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kidoum.blog118.fc2.com/tb.php/10-47ac362a

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。