駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『虐殺器官』 伊藤計劃

2010/10/10/日/23:57
まず、表紙とタイトルと作者名のインパクトにやられました。これは思わず手に取ります。そして、やたらとデカイ帯には宮部みゆき、小島秀夫、伊坂幸太郎、と見知った名前が推薦文を書いている。これは思わず内容を見ずに買います――なんて事はありませんが、文庫版が目を引く表紙である事は間違いないと思います。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

ジャンル分けをするならば、SFのガジェットを用いた軍事謀略サスペンスというのが一番しっくりきますが、SFファンのみならず他の層にまで読まれているのは、ジャンルを超えた要素がこの小説に詰まっているからだと思います。例えばミステリとして読んだ場合、一人称ならではの裏読みなんかも楽しめたりと。

僕がこの小説で好きな部分は、徐々に世界が明かされていく構成だったり、語り口だったり、殺伐として重苦しい内容の中に時折入るユーモアや、言葉への拘り、現実の世界情勢へリンクさせた描き方だったり、SF的なガジェットそのものだったりします。

内容はタイトル通り凄まじいものがありますが、僕は読み終わったあとに素直に読んで良かったと思えた小説です。

どうでもいい事ですが、僕は読んでいる最中に夏目漱石の『こころ』と澁澤龍彦の『高丘親王航海記』を思い出しました。

後者の共通点は著者の執筆時の状態ぐらいですが、僕は伊藤氏の事を全く知らなかったので、あとで知って胸に落ちるものがありました。まあ、『虐殺器官』には死の描写がやたらと出てくるので、死を強く思わせる小説として『高丘親王航海記』を連想しただけだと思いますが。
スポンサーサイト

いいから読んでみてはどうか――ミステリ編

2010/08/30/月/00:53
こいつは傑作だと思うミステリのベストスリーです。例の如く多くは語りません。(御託は)いいから読んでみてはどうでしょうか。

特にどれが一位とかは無いので順位はつけませんでした。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
(2007/10/16)
綾辻 行人

商品詳細を見る

ミステリ好きには言わずもがなの「館シリーズ」の一冊目。

探偵役よりも早く真相を見抜くために、路傍の石ころまで疑いつつ読みました。結果は惨敗です。(石なんて疑ってて分かるはずもない)

それまで推理小説では禁じ手だった『隠し部屋』を物語り上で明示する事によって、アンフェアの謗りを受けずに使っている捻くれぶりも素敵な逸品。

生ける屍の死 (創元推理文庫)生ける屍の死 (創元推理文庫)
(1996/02)
山口 雅也

商品詳細を見る

死人がポコポコと動き出す架空のアメリカを舞台にした小説です。この辺を受け入れられない人は楽しめないでしょう。

カバーのあらすじにあるので書きますが、主人公が物語の初期でご臨終するという大変稀有な設定です。そして、スラップスティックの要素もあり、僕は大満足でした。

ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
(2002/08/09)
殊能 将之

商品詳細を見る

この小説のとある人物のある台詞を読んだ時に、僕は心の中で笑いながら「お前が言うなよ!」と突っ込みを入れつつも、戦慄したのを覚えています。

上記が気になる方は読んでみたらいいYO!

映像作品は見ていないのですが、気になるので正月にでも見てみようと思います。


今回は国内産のみで考えました。海外物はいつか書きます。

いいから読んでみてはどうか――ファンタジー編

2010/08/29/日/00:25
個人的珠玉の名作選でも並べておこうかと思い立ちました。要は鉄板小説群です。多くは語りません。

おそらく随時増えるでしょう。

蒼路の旅人 (新潮文庫)蒼路の旅人 (新潮文庫)
(2010/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

人気異世界ファンタジー「守り人シリーズ」の六作目。
何故六作目の事を書いているのかというと、僕が一番好きなのがこれだからです。勿論、シリーズものなので初めから読むのが吉です。

他には何も語りません。
記事のタイトル通りです。未読ならば、いいからシリーズ一作目の『精霊の守り人』から読んでみてはどうでしょうか。

特にファンタジーアレルギーを持ってる人はもしかしたら症状が緩和されるかもしれません。

風の万里 黎明の空(上)十二国記 (講談社文庫)風の万里 黎明の空(上)十二国記 (講談社文庫)
(2000/10/12)
小野 不由美

商品詳細を見る

人気和風異世界ファンタジー「十二国記」シリーズの四作目。
無論、シリーズを全部読むのが望ましい。未完ですけどね。新刊を何年も待ち望んでいるファンは僕を含めて大量に発生中。(奇堂の脳内調べ)

こちらのシリーズもファンタジーアレルギーの処方箋となりうる小説です。『風の万里 黎明の空』は時代劇の『遠山の金さん』が好きなら楽しめるでしょう。

実を言うと、↓こちら収録の短編、『華胥』が一番好きだったりします。
華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)
(2001/07/13)
小野 不由美

商品詳細を見る


ちなみに、山田章博氏の絵が好きだという人は講談社X文庫ホワイトハート版を買うと堪能できます。少女向けのレーベルですが。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。