駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

SF

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける人々

2010/04/01/木/22:07
世の中のビッグウェーブに乗り遅れる事について一家言ある僕は、またぞろ乗り遅れてみることにしました。

そうです。今更、「祝! 時をかける少女映画化記念」です。

とは言っても、『時をかける少女』の事は書きませんが。

なんせ、過去に何度もドラマ化されていて、近年、アニメ化もされているこの小説の事を書くのは、さすがに乗り遅れすぎだろうと思いまして。

ちなみに映像作品では原田知世さん主演の映画が1番好きです。というか、原田知世さんが好きです。

さて、そんな訳で、タイムトラベルものの中で僕が読んで面白かった物をいくつか紹介しようと思います。
まあ、有名作品だらけですが…。


戦国自衛隊 (角川文庫)戦国自衛隊 (角川文庫)
(2005/01)
半村 良

商品詳細を見る

乗り遅れどころか波はどこいった? って感じですが、一言いいたい。僕はあの『戦国自衛隊1549』の波が来るよりもずっと前からこの小説のファンなのだと。

はい、そんな事はどうでもいいですね。

近代兵器を持った軍隊が戦国時代に行ったら、どれほど活躍するのかという思考実験的な話で、壮大な構想の割りに少ないページ数なのに実に面白いです。

半村さんはこの小説の構想を得た時に、誰か他の人間に書かれるよりも前に書かなくてはと、急いで仕上げたそうです。

だから、短いのかもしれませんが、あまり長すぎても途中でダレるかもしれないので、これぐらいが丁度いいのかもしれません。

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
(1999/05)
高畑 京一郎

商品詳細を見る

内容についてはあまり書く気にはなりません。聡い人には展開がすぐに分かってしまうでしょうし。まあ、副題にある通りです。

筆者が練りに練ってこの話を作ったんだろうな、と思わせるような構成です。そして、僕がこの小説で1番いいと思う所は、タイムトラベルものに付き物(過去に行く話では)のタイムパラドックスが一切ない部分です。

今にいたっても、タイムパラドックスが出てくると、僕にとって納得のいく説明がされている作品は1つもありません。大概、論理的には矛盾がないのですが、心情的に「何だかなあ」と思ってしまうので。

作者の高畑さんもその辺に納得がいってなかったんじゃないかと思いますね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。