駄文を弄する

おすすめの小説を中心に紹介しようと思っていましたが、脳内がとんだカオス状態なので内容もそうなっています。

スポンサーサイト

--/--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文とか大嫌いに御座った

2012/07/26/木/23:40
大昔の話だが、俺は「読書感想文」という奴が大嫌いだった。というよりは「作文」それ自体が嫌いだった。昔はその理由を考えてみる事もなかったので改めて考えてみた。

まず、その理由の大部分を占めているのは、思考や感情を文章化すると自分の言いたかった事の半分も言葉に出来ず、行動や風景の描写も満足に出来ない、という技術的な問題に思える。が、実は違う。

それは、反骨精神ゆえだ。その昔、さる(日本では)高名な軍師に初めて会った時に「お前には反骨の相がある」と言われ毛嫌いされたぐらい俺は反復精神に富んでいる。俺から反駁を取ったら残るのは反省だけというぐらい反逆野郎なのだ。途中から反骨じゃなくなっているがそんなものは知った事か。

なので、作文の授業のたびに

「何ゆえ、小生の赤裸々な感情を貴様に伝えねばならんのだ。断固拒否する。この感動を貴様と共有する気は更々ない」

と教師に対して思っていた。――事にしました。

さて、読書感想文の話。そもそも小学校の授業でまともに読書感想文の書き方を教えないくせに(俺の担任の教師は一切書き方なんぞ教えなかった)、いきなり「本を読んで感想を書け」とか言われても土台無理な話だ。

そりゃ、本好きでよく読んでいるっていう奇特な少年・少女には何程の事もなかろうが。楽しいものが溢れ返っているのにわざわざ活字の本を選ぶ子供の方が圧倒的に数が少ないだろう。

俺は小学校時代に活字の本を読む事は稀で、読む物と言えば大概漫画だった。だからこそ、逆に子供の時に読んだ活字の本はよく覚えている訳だが。おそらく、小学生の高学年で読んだ全ての本のタイトルを言う事ができるだろう。全く自慢にもならない事だけど。

クラスに一人か二人は居る、作文上手な子が2枚目の作文用紙を貰いに行っているのを尻目に「こっちはまだ2行目だっつーの!」と四苦八苦していた思い出が甦る。

自分の事を思い出すに、文章作成の方法をまともに教わったのは予備校の小論文の授業ぐらいしか記憶にない。このブログには全く反映されていないが。未だに文章の読解を主軸に据えた授業しかやっていない事に疑問を覚える。

何て事をグダグダ書いてきた訳だが、自分は今こんなブログを書いている訳で。

俺は人から教わりたくない事が二つばかりあって、一つは絵で後の一つは文章だったりする。誤解があるといけないから書いておくが、広義の意味では人から教わるのもいい、というか教わりたいが、どこぞの先生の下で直接指導を受けたりはしたくないという事だ。

明らかに、いい教師の下で学んだ方が上達するのは分かるのだが、その人物の思想的な事まで受け継ぎそうで嫌なのだ。ここら辺のエゴが強すぎて自己啓発本の類いを読んでいるとイライラしてしまうのだが。

大幅に脱線したが、別に学校で文章の書き方なんぞ教わらなくてよかったと今は思ってるって事が言いたかった。当然、ビジネス文章の書き方とかは別で散文の話。

要は思ったように書けないから嫌いだったのだと思う。下手くそでも自分の思った通りに書けりゃ楽しくなってくる。文章を書こうと思ったきっかけは忘れてしまったが、本をバカみたいに読むようになってからだ。まあ、満足のいく文章なんて書けたためしがないけれども。

ただ、いま読書感想文の宿題が出たら嬉々としてやるだろうな。昔とは違って。
スポンサーサイト

お江戸日本橋亭 「お江戸deハナシをノベル!! vol.3」

2012/07/16/月/03:47
新日本橋で「お江戸deハナシをノベル」夜の部を観てきましたよ。一人で。一人で落語の寄席に行ったからって僕には友達が少ないとか、彼女がいないとか、友達がいないとか、友達がいないとか、そういった類いの邪推をする人があるだろうが事実無根である。誠に遺憾に思う。大体、貴方がたに人の事が言えるとでも思っているのですか? ……言えるのですか。そうですか。私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。ご存知ですか? これを「八つ当たり」と言います。

さて、知らん人の為に簡単に説明すると、小説家が新作落語を書き、それを寄席で噺家が演じるという落語会がこの「ハナシをノベル」。元々が上方の催し物なので今回東京で開催されたから「お江戸de」が付いているのですよモナミ。というか、江戸ではまだ三回目らしいですぜ。

僕が観た演目は以下の通り。

『真説七度狐』(作:田中啓文) 月亭八天
『おたのしみ』 柳家一琴
『百物語』(作:牧野修) 月亭八天
 仲入り(休憩)
「トークでノベル!!」 田中啓文、牧野修、我孫子武丸、森奈津子、浅暮三文
『正直課長』(作:森奈津子)


演目を見れば分かると思うが、生小説家が、生出演する、生落語会。ええ、なまなま言い過ぎました。雀の涙ほどなら反省します。

まあ、生小説家だけでもテンションが上がる。が、何を隠そう僕は落語が好きだ。「のざらし」に「ろくろ首」、「時そば」は勿論のこと、「首提灯」やらその他諸々。ただし、全部江戸落語だけど。

うん、そうなんだ。僕は江戸落語しかまともに観た事が無い上に、全部カセットテー……、カセット? オイラ平成生れだから分からねぇや、ゲフンゲフン。CDだのDVDだので聴いたり観たりで寄席には行った事がない。なので、これを機に寄席に行こうじゃあないかと思いましてね。ええ。で、ちょちょいと行ってきましたぜ。

お知らせ的な何か

2012/07/07/土/23:43
急激に自ブログ内をいじくり倒したので、一応下記にどこを変えたかお知らせしておきます。

・テンプレート。
前に自分で製作中とか書きましたが他人様のをレンタル中です。えらく時間掛かりそうなので。しかしまあ、良さそうなのがあると「俺、自分で作る意味あんのかな」と思わないでもないですね。そういえば、ブログタイトルを変えてから自分のブログがまともに検索エンジンに引っかからなくなりました。予想はしていましたけど。

・プロフィール欄を変更
過去のは「はじめに」に掲載しています。

・記事を一件削除
「おすすめ作家」って括りの記事を削除、というか非公開にしました。何だか気に入らなかったもので。コメントが付いてる記事は今後削除する事はありません(有難くて消せない)が、他にも2、3削除したいのがあるのでいつの間にやら消えている可能性があります。

・「ブクログ」から退会
「ブクログ」にアカウントを作って読んだ漫画などを登録していましたが、アカウントを削除しました。その為、「ブクログ」へのリンクも削除。システムは気に入ってましたが、今後どう転んでも自分が更新するとは思えなかったので。「読書メーター」の方は更新する気はあります。しかし、道具を使いこなせないアホがここに一人。

多分、こんな所でしょうか。他にも弄った気がしますが、あいにくと記憶力の問題が生じているので分かりません。

そういや、今日って七夕じゃないですか。それを理由に街でうごうごとしている男女がいますか。君達は一年に一回しか逢えない織姫と彦星をダシにしないで下さい。雨が降ってそれすらも潰れた彼等が可哀相だとは思わないんですか。鬼ですか。謝罪を要求する。誤れ。うん、誤っているのは僕の頭の方だ。

それにしても、自分で書いた事にもうちょっと責任を持とうかと思う今日この頃です。

『それでも町は廻っている』 石黒正数

2012/07/04/水/00:00
まず、この書物を語る前に現代日本に蔓延する病巣に鋭いメスを入れなければなりません。

今の時代、「推理小説」と呼ばれるものが巷に溢れています。物心つく前から身近に「推理小説」があり、その事に何の疑問も持たずに成長して大人になった人が大半でしょう。

そして、その事こそが今や誰もが無視する事の出来ない恐ろしい病の巣窟となっているのです。

そう、つまり、恐怖の現代病「探偵脳」です。

「探偵脳」とは、石黒正数氏が世界で初めて提唱した、ある症状を持つ人物の事を指す言葉、又は症状そのものの事です。
「推理小説を好んで読み漁っている人に見られる症状。小説を楽しむばかりでは飽き足らず、自分も探偵のように謎を解いてみたいという衝動に駆られ、常に謎を求めるようになる状態。」
(それでも町は廻っている第1巻より)

石黒氏は「探偵脳」の症状の重さにより、

・初期症状(脳内助手の誕生)」
・第二期症状(謎の追及)」
・末期症状(謎の渇望)」

と、分類されています。末期症状では命を落とす危険すらある、重篤な状態と言えるでしょう。

そして、この本は末期的な「探偵脳」に侵された一人の少女を通じ、我々現代日本人に警鐘を鳴らす事を目的とした崇高なる読み物です。

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/01/27)
石黒 正数

商品詳細を見る

えー、嘘です。

知らない人が見たら完全に誤解しそうなので断っておきますが、上記は本編とは一切……あまり関係がありません。

そして、残念なお知らせが。漫画の内容に触れる事無くこの記事はこのまま終了します。

理由はまだ完結してないからです。終わってない話の感想ってあまり書きたくないもので。じゃあ、何故終わってから取り上げないのか? 最もな疑問ですが、そんなもの待ってたらいつまで経っても書けないじゃないですか。アニメ放映中に記事を書かなかっただけ良心的ってもんです。

ただ、一つ言える事は、僕はこの漫画を全巻持っており、新刊が出たら買うだろうという事です。ついでに言うと、これ以降、漫画を当ブログで取り上げる事はおそらくないでしょう。

このブログ、小説の事を書こうと思って始めたので。最初は。

本末を転倒させるんだ

2012/06/29/金/00:17
ああ、当ブログの事でございます。

最近テンプレートいじりをしてましてね。最早テンプレートをいじる為にブログをやってるのか、駄文をいじる為にやってるのか分からなくなってきましたよ。

記事の更新もせずに何をやっているのやら。元より、不定期更新を標榜してるのでそれはいいんですが。と、思ってたら別に標榜してなかった。

当ブログは不定期に更新します。

では標榜も済んだのでテンプレートの話。「いじり」というかローカルでコツコツ作ってます。せっかくタイトルも変えたしテンプレも1から作ろうかと思いましてね。それが結構おもしろくて。完成時期は無論未定。出来た時が完成したときさっ。

それと、スマホのテンプレをちょこっといじったり。昔は携帯でネットなんて考えもしませんでしたよ。

「携帯でネット~? 寝言は寝てから言うもんだぜ?」

とか思っていたものです(単にパケット定額にしていなかったとも言う)。自分がスマートフォンを持つようになって変わりました。

アハハ、携帯でネットなんて当たり前じゃあないですか。

で、当然そうなると自分のブログがどう見えるか気になる訳で。

感想は、「アド広告が酷ぇ」でした。

上下にデカデカとまあ大きいったらありゃしない。さらに画面を下にスクロールすると付いてくるんですのよ。奥さん。

あまりにも邪魔なのでテンプレートの下から3行目のこいつ→<%ad_overlay>をサクッと削りとりました。これでもう付いてきません。

ついでに、上にあった広告も下にまとめました。うん、ちょっとすっきりした。ただまあ色々いじる必要がありそうですな、こっちも。

 | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。